1. トップページ
  2. ご相談事例

ご相談事例

どんな相談ができるのでしょうか?
地域包括支援センターでは、経験のある看護師、社会福祉士、主任ケアマネジャー、認知症地域支援推進員、第2層生活支援コーディネーターなど専門知識を持ったスタッフが、介護を必要とされている方はもちろん、介護を行っている方からの相談や支援行います。
高齢者の介護のこと、福祉・健康・医療など様々なご相談をお受けして総合的に支援いたします。
地域包括支援センターへの相談する料金がわかりません
ご相談は無料なのでお気軽にご相談ください。
親の介護が精神的に辛くなってきました
高齢者の介護は思った以上に大変です。介護者が心身ともに疲労し、介護ストレスで追い詰められていることも少なくありません。
介護負担やストレスをためる前に、お使いいただけるサービスを紹介したり、情報を提供いたします。お悩み事を一緒に解決していきましょう。
一人暮らしなので不安なことが増えてきました
一人暮らしの高齢者のみならず、生活の中で困ったことや、どこに相談したらよいかわからない悩み事をまずお受けする窓口です。秘密は守られますし、必要であれば専門の機関を紹介するなど「安心をつなぐ」役割をしていきます。
お金の管理がわからなくなってきた
今後、認知症などの病気になった時に一人暮らしで財産管理が心配な場合は、あらかじめ後見人を決めておくことができます(任意後見制度)。地域包括支援センターでは、成年後見制度の必要な場合の判断、申し立ての支援・紹介を行っております。
お気軽にご相談ください。
父が引きこもるようになってきたのですが?
地域包括支援センターでは、窓口やお電話での相談はもちろん、訪問による相談も行っています。解決に向けて適切なサービス調整や関係機関の紹介等の支援を行っています。
要支援の認定を受けてしまったが改善をしていきたい
要支援と認定された方および介護が必要となるおそれのある高齢者に対して要介護状態となることを予防するために、介護予防ケアプランを作成してサポートいたします。
要介護認定の申請を頼みたいのですが
ご本人またはご家族が要介護認定の申請に行くことができない場合などは、市役所高齢福祉課への申請書提出の手続きを代行します。
また、地域包括支援センターのほか、指定居宅支援事業者や介護保険施設などに代行を依頼することもできます。
体の動きや機能に不安を感じています
要介護認定で「非該当」と認定された場合や認定を受けるほどではないけれど身体機能の低下がみられ、生活全般に不安を感じる場合に介護保険のサービスは受けられませんが市役所が行う介護予防事業が利用できます。(あたまの元気度相談・言語嚥下相談・栄養改善教室・バランスアップリハビリ教室など)
虐待にあっている人を発見したのですが
高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援などに関する法律(高齢者虐待防止法)」では、虐待に気付いた人は市町村に通報する義務があることが定められています。早期に発見し、第三者が介入することで虐待の深刻化を未然に防ぐことができます。虐待を発見したり、虐待があると思われた時は地域包括支援センターや市役所高齢福祉課などに連絡ください。
緊急を要する場合は、福祉施設等への入所など他の機関と連携して高齢者を守っていきます。
悪質な訪問販売の被害にあってしまった
悪質な訪問販売、住宅リフォームや消費者金融など高齢者の弱みに付け込んで財産を奪う事件が増えています。
消費生活センターや市役所などと協力して、適切なサービスが利用できるよう相談、支援するとともに高齢者の被害を未然に防ぐようお手伝い致します。

無料資料請求