1. トップページ
  2. お知らせ・イベント
  3. 恵庭市総合防災訓練~🚑大規模地震対応訓練編🚒~

お知らせ・イベント

恵庭市総合防災訓練~🚑大規模地震対応訓練編🚒~

2019年9月12日

2019年9月5日(木)13:00~14:00

恵庭市総合防災訓練~午後の部~は、

桜町多目的広場を会場に

警察・消防・自衛隊による大規模地震を

想定した救助活動訓練が行われました。

地震だ!! デコメ

午前の会場の柏陽憩いの家から車で10分程で

到着です。ただいま*着いた*到着*帰った*メッセージ*あいさつ デコメ

多目的広場へ向かうと多くの

特殊車両が集まっていました。

 

自衛隊特殊車両に

消防車や

給水ポンプ車

そして、こちらのトレーラーは……くま デコメ

降雨体験が出来る特殊な設備が搭載されています。

中に入ると、体験希望者がカッパを着て

体験に備えていました。

80mmの以上の雨と風力7の体験をする

ことができます。

風力7は一般的に強風とよばれ、風に向かって

歩くのが困難となるレベルです。

体験後は、顔がべちょべちょになりますので、

ご注意を…大雨だよ デコメ

その他、会場には震災のパネル展や

非常用トイレに生活習慣だよ。トイレ デコメ

午前の訓練で設置したダンボールベットや

マット、簡易シェルターの展示や

災害用伝言ダイヤル(171)の実演電話 TP 上 デコメ

災害時に無償で飲料を提供する

防災協力自動販売機の展示など…

多くの展示が行われていました。

消防団の職員も、熱心に説明を受けていました。

 

更に、「煙体験ハウス」や消火訓練コーナー

もありました。 消火器

 

福祉避難所開設訓練でいただいたカレーは、

こちらの炊き出し班で作られておりました

おつカレー デコメ

そして、いよいよ大規模地震対応訓練が始まります!

 

会場には、訓練の様子を大画面で観ることができる

パブリックビューイングが設置 液晶テレビ フレーム

炎天下の中、各町内会の防災担当者をはじめ

多くの方々が足を運んでおられました!!! デコメ

 

いよいよ、訓練開始です!!

災害現場にいち早く到着したのは自衛隊の

バイク部隊です。状況を確認し災害対策本部へ

状況を伝えます オフロードバイク・シルエット

次に、現場へ向かう道をふさいでいる瓦礫の

撤去のため、災害時応援協定を結んでいる

民間企業から重機が出動!!

 建設機械のイラストセット

緊急車両などが、通行できるようになりました。

 

続いて、救急車が到着し負傷者の応急処置のため

緊急テントを設置します。

次に、自動車の多重事故現場にレスキュー隊が

到着し救助を行います 職業 制服 消防

自動車内に閉じ込められた人を救うべく、

ドアを特殊な工具でこじ開けます。

救助完了!すぐに搬送されます。

こちらは、倒壊した家屋内に取り残された生存者の

救出のため陸上自衛隊が活動している場面です。

壁の一部をチェーンソーで切断し家屋内へ突入!

 

そうしているうちに、先ほどの事故現場から出火

しました。

直ちに、消火にあたります 消防士02

ここで救出された負傷者は、重症のため

ドクターへを要請 ヘリコプター

会場に、道警ヘリが着陸しました。

この後、負傷者を乗せ高度医療対応の医療機関に

向かうため離陸しました。

最後は、建物の高層部に取り残された方の

救助のため、はしご車が出動しました。

避難を確認した後は、北広島と千歳の

各消防団が駆けつけ、一斉放水を行い

訓練終了となりました

 

最後に、訓練に参加した各関係者や見学者が集合し

閉会式が行われ原田市長から総評が述べられました。

4年に一度の総合防災訓練を通じ、災害時に

おいて迅速な救急救助や復旧活動を行うため

には、地域住民や企業・防災関係機関が互いに

「協働」「連携」することが重要であることを

再認識しました

災害時こそ、「向こう三軒両隣」の

関係が大切です。「みんな大丈夫ですか!?」

ご近所さんに大声で呼びかけて、

無事を確かめ合ってください。

そのためには、日頃の近所付き合いが

大切になってきます。

北海道胆振東部地震から、1年…

 

地域社会とのつながりが薄れていると

いわれている今だからこそ「地域との関わり方」

を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

無料資料請求