1. トップページ
  2. Q&A

Q&A

居宅介護支援について

こちらでは、ラ・デュースグループの介護サービスを使わないといけないのですか?
どちらのサービスを利用されても何も問題はありません。
ケアマネジャーは、ご利用者にとって適切なサービス提供事業所をご紹介します。
ご要望やお悩みをケアマネジャーに、まずご相談ください。
ケアマネジャーは、何をする人ですか?途中で代えてもかまわないのですか?
ケアマネジャーはご利用者様の介護の不安、日々の生活で困っていることを相談できる「福祉の専門家」です。
ご利用者様のお体の状態、家族状況、ご希望などお伺いし、適切な介護サービスを組み合わせた計画(ケアプラン)を作成します。介護サービスの調整や変更も行いますので、ご利用者様が介護保険をご利用する際に重要な役割を担います。
もちろん途中で変更することも可能です。その際は、当事業所管理者へご相談ください。
「ケアプラン」ってなんですか?
「ケアプラン」とは、ケアマネジャーが、介護が必要な方の希望や健康状態などを考えた、具体的な介護サービス計画表です。
「ケアプラン」はケアマネジャーしか作成できないのですか?
ご家族の方が作成しても構いませんがその場合、ケアプランの作成は、サービス事業者にサービスの内容や介護単位を確認し、保険証を添付して、届け出て確認を受けます。そのうえでさらに、ケアプランを作成した人には関係機関への連絡、調整、請求など細かな作業が要求されます。専門的な知識も要求されます。このような状況から、ケアマネジャーに作成してもらうことをお勧めします。
ケアプランを作成してもらうと料金はいくらかかりますか?
ケアプラン作成費用の個人負担はありません。
  • 介護度に応じ、介護保険から事業者に支払われます。
  • 「介護サービス」を利用した場合(訪問介護、デイサービス、福祉用具貸与など)は、10%の個人負担が発生します。その費用は利用事業者にお支払いください。
ケアマネジャーを依頼する時に必要なものは何ですか?
介護保険証「介護保険被保険者証」と保険証、各種手帳類(国民健康保険証・身体障害者手帳・お薬手帳など)が必要となります。
介護認定を受けていませんが、どうしたらよいですか?
介護認定を受けていないと介護保険のサービスは利用できません。 認定を受けるためには申請が必要です。お住まいの市・区・町役所の福祉・介護保険課が申請の窓口ですが、ケアマネージャーも代行申請ができますのでお気軽にご相談ください。
認知症になってしまったら、どうすればいいですか?
認知症になっても、その方の心身の状態にあった「適切なサービス」を介護保険でご利用いただければ、いつもでも住み慣れた地域で生活していただくことが可能です。
まずは、ご不安な点をケアマネジャーにご相談ください。

訪問看護ステーションについて

訪問看護を利用できる地域はどこですか?
当事業所では、恵庭市で活動しておりますが、隣地域でお困りの方は一度ご相談ください。
どういった方が訪問介護を受けれますか?
病気や障害などによりご自宅で療養されている方が、主治医の指示票により、お子様からご高齢者まで年齢にかかわらず、ご利用いただけます。(医療保険・介護保険)
営業時間以外は、頼むことはできないですか?
営業時間は、8時30分~17時30分までとなっております。
緊急時は、24時間体制で相談に応じ、必要時は営業時間に限らず夜間や休日も訪問します。緊急時の訪問看護24時間体制を利用するには、別途契約が必要となります。
訪問看護には、どんな人がきますか?
訪問看護スタッフは、全て看護師などの有資格者です。
明るく、元気なスタッフが笑顔でお世話させていただきますのでご安心ください。
訪問看護サービスには、どのようなものがありますか?
看護師が訪問して、・病状の観察・在宅療養のお世話・服薬管理の支援・医療処置と医療機器管理・リハビリテーション・ご家族への介護支援、相談・重度障害や難病のお子様の支援・認知症、精神疾患ケア・自宅での看取りの支援などのサービスを提供します。

無料資料請求