1. トップページ
  2. Q&A

Q&A

施設及び入居について

何歳から利用できますか?
60歳以上を原則としていますが、60歳以下でも介護保険の要支援または要介護の認定を受けている方は利用できます。
夫婦で利用したいのですが?
お1人様1室のご利用となります。
入居時に必要なものは何ですか?
「健康保険証」「老人医療受給者証」「医療情報書(かかりつけ医から)」「介護保険被保険者証」になります。※交付されていれば身体障害者手帳など
お部屋に持ち込めるものは?
危険物や周囲の迷惑になるもの以外は何でもかまいません。特に使い慣れた鏡台、タンス、電気製品、寝具は気持ちが落ち着きます。

利用料金について

一時金は必要ですか?
高額な入居一時金はいただきません。(入居事務手数料として15万円いただきます。この入居事務手数料は入居時の事務手続きにかかる費用となる為返金の対象にはなりません。)
長期不在の場合はどうなりますか?
自己都合で不在となる場合でも利用料をいただきお部屋の確保をいたします。食費については後日精算させていただきます。その間、ご依頼があれば植物の水遣りやお部屋の換気などのサービスをいたします。
光熱費の負担はどのようになりますか?
各居室の電気料金は個別メーターの使用量に従い各自でお支払いいただきます。また10月から翌4月までは冬期暖房費を別途お支払いいだきます。

施設利用・生活全般について

車があるのですが持ち込めるでしょうか?
自家用車をお持ちの方のために駐車場を用意しています(有料)。ただし、自家用車の維持管理、自動車保険、事故の対応などについては所有者の責任でお願いします。
タバコやお酒は、楽しめますか?
健康上の理由で禁止されていない限り自由です。ただし、喫煙は決められた場所でお願いします。
来客は泊まれますか?
ご家族様は、居室にて宿泊(無料)することが可能です。
必ず所定の用紙でお申し込みください(食事・リネン類は有料でご要望にお応えいたします。)
入浴は毎日できますか?
1階大浴場・各階の小浴室を利用し毎日入ることができます。

食事について

家族や友人が来たときの食事は摂れますか?
1階のjikeiレストランをご利用いただくことも、施設で一緒に食事をしていただくこともできます。
食の安全への配慮はどうされていますか?
管理栄養士が食材の安全性にも十分配慮しておりますのでご安心ください。

その他

職員の体制は?
介護が必要な入居者3名に対して介護職員1名以上配置しています。
夜間の体制はどのようになっていますか?
夜間でも必ず各階に1名以上の職員が勤務します。緊急の場合は施設の防火・防災管理規定に基づき円滑な連絡・避難誘導をいたします。
健康管理はしてくれますか?
年2回の健康診断(管理費に含まれています)のほかにも、施設の看護職員による日常の健康管理を行います。
免震構造ってどんなものですか?
建物の基礎の部分に地震の揺れを吸収する特殊な装置を設置します。実験によると震度7の揺れでもテーブルの上のコップは倒れないそうです。

無料資料請求