新型コロナ感染防止対策

感染症に対する防止対策

COVID-19

慶心会グループの
感染症予防対策の取組み

慶心会では、感染症の予防対策として、ご利用者様とそのご家族様そして関係各機関のご協力のもと、様々な感染予防対策に取り組んで参りました。

今後も慶心会では、安心して日常生活を送ることができるように、今できる最善の対策に取り組んでいきます。

  • マスク着用・手洗いを徹底します

    職員スタッフは、常時マスクを着用して、手洗いうがいを行い衛生管理をしています。

    飛沫飛散の防止対策として、施設内外を問わず職員スタッフは常時マスクを着用しています。また、ご利用者様の身体に触れる前や触れた後にはこまめな手洗いと消毒を行なっています。

  • 毎朝、体調チェック

    職員スタッフとご家族も、十分な睡眠を取り健康管理に努めています。

    バランスの取れた食事や適度な運動、休養・睡眠など抵抗力を維持するように健康管理に努めています。普段から身体の変化に注意を払い、ご家族を含めて生活のリズムを崩さないように注意しています。

  • 換気を仕様

    施設内では、定期的に換気を行なっています。

    施設内で窓のある環境では、常時2方向の窓を同時に開けて換気を行なっています。
    入居施設においては、入居者様の居室は寒くならない程度に10 分程度/回の換気を行なっています。

  • 消毒・洗浄します

    施設内の設備や器具、車輌等を定期的に消毒を行い清潔に保っています。

    通常行っている水拭きなどの清掃のほか、多くの人が触れる手すりやドアノブ、エレベーター等のボタン、照明スイッチなど消毒を行なっています。また、事業所内の除菌空間を保つためにエアバスター(オゾン脱臭・除菌専用機)の設置をしています。